Facebookイベント機能の効果的な使い方

イベント機能の使い方を知っておこう

たくさんのお客さんに来てもらおう

どこでイベントを開催するのか、お客さんに伝えなければいけません。 言葉だけで分かりにくい場合は、地図も表記しましょう。 Facebookなら、地図も載せられます。 日時も忘れないでください。 平日はお客さんが参加したくても、できない可能性が高いです。 休日に開催しましょう。

お客さんに伝える情報を考えよう

会社でイベントを開催することがあると思います。
たくさんのお客さんが来てくれたら、会社をアピールする良い機会になります。
Facebookには、イベント機能というものがあることをみなさんは知っていますか。
すると、簡単にイベントの詳細をお客さんに伝えることができます。
イベントの計画を考えても、お客さんが存在を知らないと来てくれません。
どんなイベントなのか、具体的に書いてください。
内容を適当に羅列するだけでは、魅力を感じません。
お客さんがイベントに参加したいと思うような書き方をしてください。

イベントでは、お客さんにプレゼントを配ることがあります。
来てくれたお客さん全員にきちんと配ることができるよう、お客さんの人数を把握してください。
Facebookのイベント機能を使うことで、参加者の人数を簡単に把握できます。
常に人数を確認して、プレゼントが足りないと思ったら追加してください。
たくさんのお客さんにイベントの情報を伝えるためには、宣伝するのが良い方法です。

Facebookで宣伝する際は、有料ですがより多くのお客さんが来てくれることを期待できるので損ではありません。
費用は掛かりますが、イベントが成功すれば多くの利益を受け取ることができます。
すると宣伝に掛かった分の費用以上の利益は得られるでしょう。
お客さんに楽しんでもらえるような、イベントを開催してください。
Facebookのイベント機能を使えば、簡単に情報を伝えられます。

どのくらいのお客さんが来るのか

前もってどんなお客さんが来るのか知っておくことで、来場者プレゼントを用意できます。 お客さんは、何かプレゼントをもらえると聞けば進んでイベントに参加したくなります。 年齢層や、性別に合わせてふさわしいプレゼントを用意してください。 すると喜ばれます。

宣伝してお客さんを呼ぼう

お金が掛かりますが、Facebookの中でイベントの広告を出すことができます。 普通に宣伝するよりも、多くのお客さんに見てもらえます。 これまで、イベントをお客さんがあまり来てくれなかった場合は宣伝不足が原因でしょう。 思い切って、Facebook内で宣伝してください。

TOPへ戻る